サンプル問題の答えと実技試験

では、さっそく前回のサンプル問題の答えから。

1、2、3、全てBが正解です。

3問目の選択肢にあったraised toilet seatやtrapeze barは何の事かわかりましたか?
日本の病院ではあまり見かけないように思います。日本語では何と呼ぶのでしょう?

ちなみにこれはサンプル問題なので、内容は実際のものよりも易しいように感じます。

この筆記試験に合格すると、いよいよ実技試験です。

実技試験は年に2回しか実施されません。試験は5-6時間に及びます。16個のステーションが用意されていて、OSCE(Objective Structured Clinical Examination)オスキーと呼ばれる試験方法です。16個のステーションのうち、半分は10分のステーション、もう半分は5分+筆記5分という2つの種類があります。

まず、試験開始のベルが鳴ると係の人の指示で、自分のステーションの部屋の前に行きます。部屋のドアには下のサンプル問題のような指示が書かれています。

58 years old
She has osteoporosis and had a compression fracture at T5, which is now healed.
􀂃
Assess the client’s sitting posture and describe your findings to the examiner.
􀂃
Correct the client’s sitting posture.
􀂃
Teach the client the importance of correct sitting posture.


これは5分ステーションの問題なので5分で以上の3つのことをしなくてはいけません。その後に5分筆記試験があります。

1.List 3 goals of treatment with respect to this client’s osteoporosis.
2.List 3 active spinal movements you should incorporate into an exercise program for this client.


そして、またベルが鳴り、次のステーションへ。。。と16回繰り返されます。

私はこんなテスト形式は初めてだったのでとても困惑しました。次回は、どうやって実技試験を乗り切ったかについて書きたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック