オーストラリアでPTになるには その2

オーストラリアで新たに免許を取得する際の試験について、追加情報です。

筆記試験:

問題数は全部で120問。試験のサンプルはないそうです。(残念…)

実技試験:

実際に病院の患者さんを3例、試験官の前で治療します。よって試験日は決まっておらず、海外から受験者には二週間ほど試験期間があります。どういう方法で採点するのかは、書類審査を終えた人のみウェブ上でアクセスできるとのこと。

試験を受ける前にどういう試験か詳しい内容を知ることができないのは、だいぶ閉鎖的ですね。アメリカやカナダは、サンプル問題や試験の形式も調べればわかるのに。まるでオーストラリアの国自体が外国で教育を受けたPTを積極的に受け入れたくない、と言っているかのようです。😥

実際には、いくつかの大学でbridging courseがあるのでオーストラリアに行けば情報収集する術はあるようですけどね。

フランスの情報はやっぱりフランス語なので、全然わかりません。ただケベック州のPT免許があれば、フランスでも働けそうだというところまではわかりました。でも言葉ができないことにはね。フランスに行くとしたら、夫に一人で頑張って稼いでもらうことになりそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック