カナダでOTの免許を取るには

少し前にOTの方から問い合わせがあり、私もカナダでOTの免許を取るためのプロセスに興味を持ったので少し調べてみました。

2015年の5月から、カナダ以外でOTの教育を受けた人はAssociation of Canadian Occupational Therapy Regulatory Organizations (ACOTRO)のSubstantial Equivalency Assessment System (SEAS)という審査をうけなければいけなくなったそうです。

だいたいの流れは

1 まずはどの州で働きたいかを決めます。州によってIELTSなど必要な点数が変わるみたいです。
2 養成校の成績証明や卒業証書、(日本の)OT免許など必要な書類を送ります。
3 授業内容や実習内容がカナダの養成校と同等のレベル(学士または修士)であるかを審査されます。
4 open book形式(資料をみながらやってもよい)でカナダのOTに関する法律のテストを受けます。
5 面接 症例をいくつか与えられてそれについて答えるというもの
6 国家試験を受ける 200問の選択問題
7 州にOTとして登録

詳しくは以下のサイトを見て下さい。
http://caot.ca/default.asp?pageid=1067
http://www.acotro-acore.org/registering-canada/were-you-educated-outside-canada

長くてしんどそうだというのはPTのプロセスと似ていますね。法律のテストはPTの場合は州に登録してから行われます。あと面接があったり、SEASの費用が3,100カナダドルこれは結構高いですね。

さらに就労ビザや移民手続きなども並行してやらないと免許がもらえても就職できません。これを読んだだけで諦めてしまう人がいるかもしれませんが、外国でやっていくのはやっぱりいろいろ大変なのです。

Waldoへ個別メッセージの送信はこちらからどうぞ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

Machi
2016年03月28日 07:58
ありがとうございます。
以前、メッセージさせて頂いたものです。
やはり、壁は厚いですね…
英語もまだまだなので…不安も強いですが…
ワーホリビザに切り替えたら少し問題なども見ていきたいと思います。
palliative care などに関わっていたので、そちらのボランティアやOT場面の見学だけでも辿り着けたら良いなと思い始めております。色んな方法を探索しようと思います。
ありがとうございます。
また、拝見させてもらいます。

この記事へのトラックバック