ブログタイトル変更 及び カミングアウト

こんにちは。もうすぐ4月も終わりですね。私の住むモントリオールは、今週になってようやく春らしくなりました。

今日は、ちょっとご報告です。ブログタイトルをカナダの理学療法士 ~ちょっと休業中~ から ~開業準備中~ に変更しました。いろいろ考えた末、どんなにフランス語を頑張っても臨床で使い物になる程上達するとは思えず、就職できないなら自分で開業しようという結論に至りました。カナダのPTは開業権がありますからね。と言っても、すぐにクリニックオープンというわけにはいかないので ~開業準備中~ にしました。準備の様子もブログで書いていこうと思います。

あと、カミングアウトと言ったら大げさかもしれませんが、プロフィールなどに敢えて書かないでいた事があります。実は私は中学から高校までをカナダで過ごした帰国子女です。ときどき、「どうやって英語を勉強したのですか?」との相談や「カナダのPT協会のサイトの1ページを読むのも一苦労です」などコメントを頂きます。帰国子女で英語で苦労しなかったからブログ主は、カナダのPT免許を取れたんだと読者の方に思って欲しくなかったので今まであまりオープンにしていませんでした。

ですが、このブログを立ち上げたのはこれから留学やカナダでPTとして働きたいと思っている人の為なので、もう少し他にできることはないかと考え始めました。今までは質問や相談に対して、ここのサイトにこんな情報がありますよ~とURLを貼付けていただけだったのですが、実際に内容が把握できるよう翻訳サービスを提供しようと思います。仕事から帰ってきて、眠い目をこすりながら、英語のサイトを自分で訳し、情報収集するのはどれだけ時間と労力がかかることでしょう。そういう方のお手伝いができればと思います。具体的なサービス内容(翻訳の値段など)は決まり次第、ここで報告します。また、読者の方からのご意見、要望があれば受け付けますので、コメントまたは個別にメッセージを送って下さい。

留学やカナダのPT免許以外での翻訳依頼(論文など)も受け付けます。翻訳の経験はありますが、私は翻訳のきちんとした資格保持者ではありませんのであしからず。

Waldoへ個別メッセージの送信はこちらからどうぞ

この記事へのコメント

みやこ
2018年05月01日 06:27
最近、ニューヨーク出身で大学はアメリカ、現在イギリスのPT修士に在籍中のアメリカ人の相談に乗りました。ニューヨーク州免許のプロセスや就職にまつわる地元情報について一通り経験して分かったことや事実を伝えて感じたのは、例え言語のバリアが一切無くても異国のシステムは理解困難なものだ、ということでした。自分もプロセスの途中では同様のことが多々あったと思うけど、所々まるで見当違いの思い込みもある訳です。とにかく目的がはっきりしている時(大学に入りたい、免許取りたい等)、経験者に頼らないのはお金と時間を無駄にしたい人だけがやればいいことだと思います。明確に仕事という形で受けたほうが相談側の真剣味も変わってくるだろうし、これまでの経験が生かされた良い仕事ができると思う開業までの道のりも楽しみにしてます。私もめでたく就職したら是非こちらにゲスト出演させて下さい(^^)
Waldo
2018年05月01日 11:27
コメントありがとうございます。以前は、カナダのPT協会のサイトを読めるくらい英語ができないと、カナダで働くこと自体難しいだろうという考えから、情報提供しかしていませんでした。でも、仏語を勉強するようになって、そういえば語学って現地で使っていくうちに伸びるものだと再確認しました。なので、留学したい、海外でPTになりたいっていう目的があるのなら、その気持ちをサポートしたいと考えるようになりました。これからカナダのPTも博士レベルになる可能性があるし、移民の数も増えているし、いつまで今のシステムが続くかの保証もない状況なので、情報収集は速く的確にすべきですしね。

この記事へのトラックバック