テーマ:PT免許 筆記試験

オーストラリアでPTになるには その2

オーストラリアで新たに免許を取得する際の試験について、追加情報です。 筆記試験: 問題数は全部で120問。試験のサンプルはないそうです。(残念…) 実技試験: 実際に病院の患者さんを3例、試験官の前で治療します。よって試験日は決まっておらず、海外から受験者には二週間ほど試験期間があります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーストラリアでPTになるには

こんにちは。前回の記事にも書きましたが、日本の厚生省からの書類がまだ届かないので私の就職活動は停滞中です。 実は夫の転職先がオーストラリアになる可能性が出てきました。そこで日本でPTの教育を受け、オーストラリアでPTとして働くまでの過程を調べたのでこのブログでも紹介したいと思います。流れはカナダのと似ていますが、試験の数も多く、費…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

サンプル問題の答えと実技試験

では、さっそく前回のサンプル問題の答えから。 1、2、3、全てBが正解です。 3問目の選択肢にあったraised toilet seatやtrapeze barは何の事かわかりましたか? 日本の病院ではあまり見かけないように思います。日本語では何と呼ぶのでしょう? ちなみにこれはサンプル問題なので、内容は実際のものよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筆記テスト

筆記テストについてもう少し。 前回書いたように、筆記テストは全部で200問の選択問題です。時間は4時間。シナリオを読んで、問題を読んで、選択肢を読んで、マークシートを記入し、さらに最後に見直しの時間を入れたいと思えば、一問一分ほどで進めないと時間切れになってしまいます。 サンプル問題を紹介しましょう。右大腿骨頸部骨折後、股関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

審査が終わっても。。。

PT試験の受験資格があるかどうかの審査自体も長いのですが、審査が終わってからもPTになるまでの道のりはまだまだ長いのです。 私の場合は、カナダの保険制度とPTアシスタントについてのコースが足りていないと、連絡がきました。 さらに、臨床実習の時間も足りないとのことでした。カナダでは1025時間も実習があります。 足りないコースは…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

カナダでPTとして働くには

こんにちは。今日はカナダでPTとして働くのに必要な条件について書いていこうと思います。 まずは情報収集ですね。私の場合は日本理学療法士協会のカナダ版から情報を得ました。 そこには以下の4項目について書いてあります。 1)カナダのPTプログラムがある大学(修士レベル)に行く場合 2)PTアシスタントになりたい場合 3…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more