テーマ:PT免許 書類審査

ケベック州でPT として働く

こんにちは。今日はちょっとびっくりする事実がわかったので紹介したいと思います。 実はケベック州でPT免許を取得する場合、試験がないのです!!今までこのブログで紹介した筆記、実技試験も全部なし!! これは驚きΣ(*`Д´*)ノノです。 実際の手続きですが、まずOPPO (ケベック州のPT免許を発行する機関)に必要書類を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最新の情報

お久しぶりです。いつの間にかモントリオールは秋になり、もう冬の気配を感じます。 先日、カナダでPTの国家試験を受けるための資格審査や試験を行う機関であるCanadian physiotherapy alliance and regulatorsのサイトを覗くと様式が変わっていました。 そこにブリッジングプログラムについてのぺ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FCCPT アメリカのPT教育審査で日本人が足りないと言われる科目

読者の方よりアメリカのPT教育審査機関、FCCPTの手続きについて質問があったのでそのサイトを読んでいる時に下記の資料を見つけました。 書類審査上で問題になる点を国別に載せていたのですが、日本の資料もありました。 http://fccpt.org/download/Japan.pdf 私も化学、物理、Integumen…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カナダでPT免許を取るまでの流れ 

カナダでは、自分が働いている州でPT免許の登録をします。そして毎年更新しなければいけません。その更新時期が3月末なので私が登録しているオンタリオ州のPT協会から更新のお知らせがきました。本来なら、今住んでいるケベック州に登録するのが普通ですが働いていないのと、ケベック州で登録したらフランス語の試験を受けなければいけないのでオンタリオ州の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PT教育の審査機関

読者の方から日本人が海外でPTの免許を取る場合、各国のPT協会が日本のPT教育を審査するのか、という質問がありました。今日はカナダ、アメリカ、オーストラリアの場合について説明したいと思います。 まず、「PT協会」とはどういう組織なのでしょう?日本のPT協会といったら公益社団法人日本理学療法士協会を意味しますよね?上記の国にもそれぞ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

オーストラリアでPTになるには

こんにちは。前回の記事にも書きましたが、日本の厚生省からの書類がまだ届かないので私の就職活動は停滞中です。 実は夫の転職先がオーストラリアになる可能性が出てきました。そこで日本でPTの教育を受け、オーストラリアでPTとして働くまでの過程を調べたのでこのブログでも紹介したいと思います。流れはカナダのと似ていますが、試験の数も多く、費…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

カナダとアメリカのPT免許 3

前回紹介したFCCPTという書類審査を行う機関ですが、カナダの審査機関に比べて仕事が早い2ヶ月ほどで結果が来ました。でも足りないと指摘された数は、以下の5つ。カナダでは2つだけだったのでやっぱり基準が厳しいですね。 以下が足りないと言われたコースのリストです。 1. Cultural competenc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カナダとアメリカのPT免許 2

前回の続きで、カナダとアメリカでのPT免許取得方法の違いについて書いていきたいと思います。 カナダの場合は免許を取る前にどの州で働くかは関係ありませんが、アメリカの場合は州によって書類審査の基準と筆記試験の合格点異なるので、まずは自分が働きたい州を決める必要があります。 次にカナダの場合は書類を審査する機関は一つしか無いので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カナダとアメリカのPT免許

せっかくカナダのPTの資格を苦労して取ったにも関わらず、私は現在PTとして働いておりません。なのでブログのタイトルが「ちょっと休業中」なのです。夫の仕事の都合でこうなっているのですが、その夫の仕事の都合でもしかしたらアメリカに移住する可能性があります。 同じ英語圏の国だし、お隣同士なのだからPT免許の書き換えももしかしたら簡単なの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

審査が終わっても。。。

PT試験の受験資格があるかどうかの審査自体も長いのですが、審査が終わってからもPTになるまでの道のりはまだまだ長いのです。 私の場合は、カナダの保険制度とPTアシスタントについてのコースが足りていないと、連絡がきました。 さらに、臨床実習の時間も足りないとのことでした。カナダでは1025時間も実習があります。 足りないコースは…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

申請書類について

審査が終わってからのプロセスを書く前に申請書類についても説明したかったので、昨日書いた記事を編集します。 申請に必要な書類は以下の通りです。 自分で用意するもの 1)申請用紙 2)審査費用支払いのための小切手、またはクレジットカード情報 3)身分証明ーパスポートのコピー 4)公認された(英文の)学位証明 自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カナダのPT試験の受験資格の審査

前回は、カナダでPTとして働くにはどういう方法があるかを紹介しました。 今日は、日本でPT教育を受けた人がカナダのPTの資格試験を受けるためのプロセスを書きます。 まずは、試験を受験できる資格があるかどうかをCanadian Alliance of Physiotherapy Regulators (the Alliance)…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

カナダでPTとして働くには

こんにちは。今日はカナダでPTとして働くのに必要な条件について書いていこうと思います。 まずは情報収集ですね。私の場合は日本理学療法士協会のカナダ版から情報を得ました。 そこには以下の4項目について書いてあります。 1)カナダのPTプログラムがある大学(修士レベル)に行く場合 2)PTアシスタントになりたい場合 3…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more