テーマ:アメリカ

アメリカのPT国家試験 体験記 Vol.4 試験勉強

【試験勉強(2016年秋~2017年春)】 約6ヶ月の勉強期間で国家試験に臨みました。国家試験対策のテキストを開いて1問目を解いた時のことは忘れられません。選択肢4つ、全て知らない単語でした。2015年夏からずっと病院のリハビリ室でボランティアスタッフとして勤務し(このボランティア勤務については別の機会に書けたらと思います)、特に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカのPT国家試験 体験記 Vol.2 TOEFLの壁

【TOEFLの壁(2015年)】 アメリカの海外免許からの移行方法は、年々詳細は変わりますが大きな流れは先人のブログ内容と変わりません。私が参考にしてとても役に立った、フィラデルフィアの加藤君のブログをご存じない方は是非訪ねてみて下さい。(http://takumipt.ldblog.jp/) 学位認証機関(例えばFCCPT)と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカのPT国家試験 体験記 Vol.1 渡米

私の大学時代のクラスメイトが最近めでたくアメリカのPT国家試験に合格しました彼女の体験談をブログに載せたいと相談したところ、快諾してくれたのでちょっとシリーズにして紹介します。 以下は彼女の文章です。 【渡米(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FCCPT アメリカのPT教育審査で日本人が足りないと言われる科目

読者の方よりアメリカのPT教育審査機関、FCCPTの手続きについて質問があったのでそのサイトを読んでいる時に下記の資料を見つけました。 書類審査上で問題になる点を国別に載せていたのですが、日本の資料もありました。 http://fccpt.org/download/Japan.pdf 私も化学、物理、Integumen…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オンラインコース 終了!

こんにちは。なんとアクセス総数が1000を超えました!このブログを読んでくださっている方々、ありがとうございます オンラインコース、昨日終わりました。前回の論文を批評する課題の他に、選択的デブライメントの種類についてのレポート、ケーススタディー、そして最後に選択問題の試験でした。 デブライメントについて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オンラインコース:論文評価

オンラインコースの進捗状況の報告です。先日、初めての課題を提出してA評価をもらいましたでもまだ課題は続きます。。。 今回出された課題は、論文をひとつ選んでそれを評価しなさいというものでした。「エビデンス、エビデンス」と叫ばれるようになりましたが、果たしてそのエビデンスは信憑性があるのか。どんな分野であろうと論…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カナダとアメリカのPT免許 3

前回紹介したFCCPTという書類審査を行う機関ですが、カナダの審査機関に比べて仕事が早い2ヶ月ほどで結果が来ました。でも足りないと指摘された数は、以下の5つ。カナダでは2つだけだったのでやっぱり基準が厳しいですね。 以下が足りないと言われたコースのリストです。 1. Cultural competenc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カナダとアメリカのPT免許 2

前回の続きで、カナダとアメリカでのPT免許取得方法の違いについて書いていきたいと思います。 カナダの場合は免許を取る前にどの州で働くかは関係ありませんが、アメリカの場合は州によって書類審査の基準と筆記試験の合格点異なるので、まずは自分が働きたい州を決める必要があります。 次にカナダの場合は書類を審査する機関は一つしか無いので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カナダとアメリカのPT免許

せっかくカナダのPTの資格を苦労して取ったにも関わらず、私は現在PTとして働いておりません。なのでブログのタイトルが「ちょっと休業中」なのです。夫の仕事の都合でこうなっているのですが、その夫の仕事の都合でもしかしたらアメリカに移住する可能性があります。 同じ英語圏の国だし、お隣同士なのだからPT免許の書き換えももしかしたら簡単なの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more