お給料について

こんにちは。今日はzoomの公開ミーティングで、カナダにいる日本人PTとお話することができました。 その中で何名かから質問があったので、今日はカナダのPTのお給料についてお話します。 まず、カナダの場合は時給で表示されるのが普通です。なので皆さんギリギリに出勤して、きっちり定時で帰ります。 私はもうこれに慣れてしまったので、日…
コメント:0

続きを読むread more

公開セミナーのお知らせ

こんにちは。カナダもだいぶ規制が緩和され始め、徐々に元の暮らしに戻ってきています。 私の働いている専門学校も、授業はオンラインで進めており、6月からは実技のみ人数制限をしながら 再開することになりそうです。 以前、参加させていたいだいた座談会からのご縁で、6月11日にカナダのPT及びアシスタントの教育事情について 講師として…
コメント:2

続きを読むread more

カナダへ行こうと思った理由

先日の「世界で働く日本人PT座談会」に来てくださった方から、なぜカナダへ行こうと思ったのかという質問があったのでお答えしたいと思います。 以前、このブログにも書いたと思うのですが、私は親の仕事の都合で中1から高3までカナダのオンタリオ州で過ごしました。大学は日本で進学したのですが、日本でしばらく働いた後に今度は親に頼らず自分一人で…
コメント:3

続きを読むread more

世界で働く日本人PT 座談会

2月25日の午後10時から下記のサイトで、世界で働く日本人PTの座談会が行われます。 私もパネラーとして参加します。 以前にも行われていますが、今回は女性メンバーで構成されています。 興味のある方はご参加ください。 https://msd.or.jp/seminar/world-jpt3/?fbclid=IwAR0v…
コメント:1

続きを読むread more

Merry Christmas

長いこと更新せずにいて、すみません。 ブログがリニューアルされてから使い勝手がわるくなったので 他のブログに移行しようか検討中です。 もしくはブログではなく、ホームページを作成しようか。。。など考えています。 リハビリ アシスタントの養成校での仕事にもだいぶ慣れてきました。 アシスタントも基礎的な解剖学や運動療法などを…
コメント:0

続きを読むread more

コメントへの回答

カナダの作業療法士についてにコメントをいただいたのですが、最近ブログがリニューアルして 海外からコメントを書き込むことができなくなってしまいました。 ずんさん、こんにちは。 カナダと日本の作業療法士の違うところは? 車椅子の処方や下肢装具を扱うことでしょうか。日本だと職場にもよりますがPTがやることが多い分野です。あ…
コメント:0

続きを読むread more

アシスタント養成校のプログラム

アシスタント養成校で働き始めて、半年近くになりました。だいぶ、要領もつかめてきましたが、試行錯誤の日々です。 とはいえ、まずクラスの人数が6人と少人数なので助かっています。実技の練習など、もうちょっと体格の違う練習相手がいた方がいいな、と思うこともありますが、テストの採点などは楽です。あと、個人の弱いところもカバーしながら授業がで…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

カナダアシスタント養成校

やっとカナダも雪が融けて春らしくなってきました。 私は現在アシスタントの養成校で講師として働いています。以前はPTアシスタント、OTアシスタントと別の職種でしたが、養成校ではどちらとしても働けるよう両方の要素を含めて、rehabilotation therapy assistantというプログラムになっています。 カナダでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宣伝

友人、知人、このブログの読者の方からも時々依頼があり、副業で翻訳の仕事もしています。 下の本の第6章、肘と前腕の翻訳を担当しました。興味のある方は見てみてください。 https://www.ishiyaku.co.jp/search/details.aspx?bookcode=265810 Waldoへ個別メッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝! 就職

ブログ更新がだいぶ滞ってしまいましたが、やっと就職することができました。臨床ではないのですが、rehabilitation assistantの養成校の講師です。 また、仕事のこと、アシスタントのことなどブログでアップしたいと思います。ブログのタイトルも変更しました。 Waldoへ個別メッセージの送信はこちらからどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一時帰国

こんにちは。一ヶ月ほど日本に帰っていました。家族や友達とも過ごせたし、美味しいものもたくさん食べることができて楽しかったです。2歳児を連れての長旅はいろいろと大変でしたけど。ちなみに上の写真は(モントリオールの)近所の運河です。 今回の滞在中、日本では排尿障害への治療で保険点数が取れるようになったと聞きました。カナダでは、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブログタイトル変更 及び カミングアウト

こんにちは。もうすぐ4月も終わりですね。私の住むモントリオールは、今週になってようやく春らしくなりました。 今日は、ちょっとご報告です。ブログタイトルをカナダの理学療法士 ~ちょっと休業中~ から ~開業準備中~ に変更しました。いろいろ考えた末、どんなにフランス語を頑張っても臨床で使い物になる程上達するとは思…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

免許更新に関する心配事

こんにちは。カナダでは、PT免許は毎年更新しなければなりません。これが結構、高いんですよね。登録している州によって金額が異なりますが日本円でだいたい6~8万くらいします 私はブログタイトルにあるように、現在休職中ですが毎年ちゃんと免許を更新しています。一回切れてしまうと、再度登録する際に日本のPT免許のコピー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臨床で使う英語表現 on your belly 

こんにちは。今日は前回の続きで、臨床で使う英語表現です。寝返り動作に使う表現で、これは実際に友人に質問されたものです。 患者さんにベッドや治療台で仰向けまたはうつ伏せになって欲しい時にどう言えばいいでしょうか? supine、proneも正しい言葉なのですが、普通の人は使わない言葉なので 仰向け → roll (tur…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臨床で使う英語表現 scoot

こんにちは。今日は臨床で役立つ英語表現についてです。日本にいても、英語しか話せない患者さんに出会うこともあるかもしれませんよね。もし良かったら使ってみて下さい。今回はscootという動詞です。 例えば、患者さんがベッドで端坐位になっているが両足が床に着いていない状態の時に何て言えばいいでしょう? 日本語でなら「足が床に付く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

webinar

明けましておめでとうございます今年もよろしくお願い致します。 今年は、そろそろ具体的に臨床復帰に向けて動きたいと思っています。以前、カナダではどんな講習会が流行っているのかという質問を受けたので、錆び付いてしまった脳みそを活性させるために新年早々受講したwebinarについてちょっと紹介します。 web…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカのPT国家試験 体験記 Vol.4 試験勉強

【試験勉強(2016年秋~2017年春)】 約6ヶ月の勉強期間で国家試験に臨みました。国家試験対策のテキストを開いて1問目を解いた時のことは忘れられません。選択肢4つ、全て知らない単語でした。2015年夏からずっと病院のリハビリ室でボランティアスタッフとして勤務し(このボランティア勤務については別の機会に書けたらと思います)、特に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカのPT国家試験 体験記 Vol.3 NYはTOEFLいらないですよ

【「NYはTOEFLいらないですよ」(2016年)】 2015年末、来夏以降の夫の勤務地がニューヨークに決まり、その頃もうすっかりTOEFL呪縛に嵌まり込んでいた私はニューヨークでどこの大学に行こうかなと考えていました。しかし、先述した大学の後輩が、友人でPT免許を取ったばかりの加藤君(2015年合格)を紹介してくれて状況は一転し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカのPT国家試験 体験記 Vol.2 TOEFLの壁

【TOEFLの壁(2015年)】 アメリカの海外免許からの移行方法は、年々詳細は変わりますが大きな流れは先人のブログ内容と変わりません。私が参考にしてとても役に立った、フィラデルフィアの加藤君のブログをご存じない方は是非訪ねてみて下さい。(http://takumipt.ldblog.jp/) 学位認証機関(例えばFCCPT)と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカのPT国家試験 体験記 Vol.1 渡米

私の大学時代のクラスメイトが最近めでたくアメリカのPT国家試験に合格しました彼女の体験談をブログに載せたいと相談したところ、快諾してくれたのでちょっとシリーズにして紹介します。 以下は彼女の文章です。 【渡米(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more