テーマ:理学療法

アシスタント養成校のプログラム

アシスタント養成校で働き始めて、半年近くになりました。だいぶ、要領もつかめてきましたが、試行錯誤の日々です。 とはいえ、まずクラスの人数が6人と少人数なので助かっています。実技の練習など、もうちょっと体格の違う練習相手がいた方がいいな、と思うこともありますが、テストの採点などは楽です。あと、個人の弱いところもカバーしながら授業がで…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

カナダアシスタント養成校

やっとカナダも雪が融けて春らしくなってきました。 私は現在アシスタントの養成校で講師として働いています。以前はPTアシスタント、OTアシスタントと別の職種でしたが、養成校ではどちらとしても働けるよう両方の要素を含めて、rehabilotation therapy assistantというプログラムになっています。 カナダでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宣伝

友人、知人、このブログの読者の方からも時々依頼があり、副業で翻訳の仕事もしています。 下の本の第6章、肘と前腕の翻訳を担当しました。興味のある方は見てみてください。 https://www.ishiyaku.co.jp/search/details.aspx?bookcode=265810 Waldoへ個別メッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログタイトル変更 及び カミングアウト

こんにちは。もうすぐ4月も終わりですね。私の住むモントリオールは、今週になってようやく春らしくなりました。 今日は、ちょっとご報告です。ブログタイトルをカナダの理学療法士 ~ちょっと休業中~ から ~開業準備中~ に変更しました。いろいろ考えた末、どんなにフランス語を頑張っても臨床で使い物になる程上達するとは思…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

免許更新に関する心配事

こんにちは。カナダでは、PT免許は毎年更新しなければなりません。これが結構、高いんですよね。登録している州によって金額が異なりますが日本円でだいたい6~8万くらいします 私はブログタイトルにあるように、現在休職中ですが毎年ちゃんと免許を更新しています。一回切れてしまうと、再度登録する際に日本のPT免許のコピー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臨床で使う英語表現 on your belly 

こんにちは。今日は前回の続きで、臨床で使う英語表現です。寝返り動作に使う表現で、これは実際に友人に質問されたものです。 患者さんにベッドや治療台で仰向けまたはうつ伏せになって欲しい時にどう言えばいいでしょうか? supine、proneも正しい言葉なのですが、普通の人は使わない言葉なので 仰向け → roll (tur…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臨床で使う英語表現 scoot

こんにちは。今日は臨床で役立つ英語表現についてです。日本にいても、英語しか話せない患者さんに出会うこともあるかもしれませんよね。もし良かったら使ってみて下さい。今回はscootという動詞です。 例えば、患者さんがベッドで端坐位になっているが両足が床に着いていない状態の時に何て言えばいいでしょう? 日本語でなら「足が床に付く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

webinar

明けましておめでとうございます今年もよろしくお願い致します。 今年は、そろそろ具体的に臨床復帰に向けて動きたいと思っています。以前、カナダではどんな講習会が流行っているのかという質問を受けたので、錆び付いてしまった脳みそを活性させるために新年早々受講したwebinarについてちょっと紹介します。 web…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカのPT国家試験 体験記 Vol.4 試験勉強

【試験勉強(2016年秋~2017年春)】 約6ヶ月の勉強期間で国家試験に臨みました。国家試験対策のテキストを開いて1問目を解いた時のことは忘れられません。選択肢4つ、全て知らない単語でした。2015年夏からずっと病院のリハビリ室でボランティアスタッフとして勤務し(このボランティア勤務については別の機会に書けたらと思います)、特に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカのPT国家試験 体験記 Vol.2 TOEFLの壁

【TOEFLの壁(2015年)】 アメリカの海外免許からの移行方法は、年々詳細は変わりますが大きな流れは先人のブログ内容と変わりません。私が参考にしてとても役に立った、フィラデルフィアの加藤君のブログをご存じない方は是非訪ねてみて下さい。(http://takumipt.ldblog.jp/) 学位認証機関(例えばFCCPT)と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカのPT国家試験 体験記 Vol.1 渡米

私の大学時代のクラスメイトが最近めでたくアメリカのPT国家試験に合格しました彼女の体験談をブログに載せたいと相談したところ、快諾してくれたのでちょっとシリーズにして紹介します。 以下は彼女の文章です。 【渡米(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Transitional Doctorate of Physiotherapy

こんにちは。お久しぶりです。長らく放置していてごめんなさい。 いろいろ書きたいネタはあるのですが、今回はTransitional Doctorate of Physiotherapyについてです。 アメリカでは理学療法士は博士課程レベルの教育ですが、カナダは現在は修士レベルです。いつかアメリカのようになるんだろうなーとは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

University of Albertaについて豆知識

久しぶりの更新です。只今カナダはやっと春らしくなってきました。が、私はアレルギー(花粉症)で絶不調です それはさておき、今日は私が大学院に通ったUniversity of Albertaの卒業生用に冊子(年に何回か届きます)の内容をちょっとご紹介します。 University of Albertaについ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケベック州でPT として働く

こんにちは。今日はちょっとびっくりする事実がわかったので紹介したいと思います。 実はケベック州でPT免許を取得する場合、試験がないのです!!今までこのブログで紹介した筆記、実技試験も全部なし!! これは驚きΣ(*`Д´*)ノノです。 実際の手続きですが、まずOPPO (ケベック州のPT免許を発行する機関)に必要書類を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログ仲間

ちょっと遅くなりましたが、あけましておめでとうございます 2017年も良い年になりますように 今日はこのブログを通じて知り合った方で、現在カナダのPT試験の勉強中の koyoさんのブログを紹介したいと思います。 私が試験を受けたのは2010年でした。手続きや試験の内容など大きな違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よく読まれている記事

こんにちは。もう今年も残すところあとわずかですね。早いものです。個人的には大きな変化の年でした。来年は産後で衰えた身体を鍛える事と、そろそろ本気で仕事復帰を目指したいです。 今日は、今年を振り返るというか今までのこのブログを振り返って、よく読まれている記事ベスト3を紹介したいと思います。 3位:理学療法士としてカナダへ移民す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

免許の更新という制度

カナダと日本の理学療法の違いの一つが、免許の更新です。カナダでは毎年、免許を更新しなければならずその度に更新料も支払わなければいけません。州によって値段が違うのですが、だいたい6-8万円くらいします。結構な出費です。産休などで、一年の途中から仕事を始めたりする場合は月割りで支払える州もあります。 私の登録している州では、5年に一度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陣痛に対するTENSの効果

実は、先月半ばに元気な女の子の赤ちゃんを出産しましたカナダでの妊娠、出産にまつわる医療事情については次回書きたいと思います。今日は、私が陣痛緩和に使用したTENS についてです。以前、どこかの文献で陣痛緩和にTENS は効果があるが、陣痛が始まってすぐに使用しなければ効果が薄いこと、効果の差には個人差がある、と書い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Walkaid

写真はずっと前のものですが、うちの家のすぐ前でドラマの撮影をしていた時の様子です。良く見るとパトカーがNYPDなのがわかりますか?モントリオールにNYPDがいるわけないですもんね。写真には写っていませんがFBI捜査官もいましたよ。 今日はFunctional Electrical Stimulation (FES) 機能的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

bridging program と スタディーグループ

カナダもやっと雪が融け、春らしくなってきました bridging programとは、以前にも紹介したことがあるのですが、海外(カナダ以外で)でPT教育を受けた人がカナダの理学療法を学ぶためのプログラムです。私の知っている限りでは、ブリティッシュコロンビア大学、アルバータ大学、トロント大学にあるようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FCCPT アメリカのPT教育審査で日本人が足りないと言われる科目

読者の方よりアメリカのPT教育審査機関、FCCPTの手続きについて質問があったのでそのサイトを読んでいる時に下記の資料を見つけました。 書類審査上で問題になる点を国別に載せていたのですが、日本の資料もありました。 http://fccpt.org/download/Japan.pdf 私も化学、物理、Integumen…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カナダでPT免許を取るまでの流れ 

カナダでは、自分が働いている州でPT免許の登録をします。そして毎年更新しなければいけません。その更新時期が3月末なので私が登録しているオンタリオ州のPT協会から更新のお知らせがきました。本来なら、今住んでいるケベック州に登録するのが普通ですが働いていないのと、ケベック州で登録したらフランス語の試験を受けなければいけないのでオンタリオ州の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーストラリア 羊毛

理学療法でオーストラリアと聞けば、マニュアルセラピーを思いつく人が多いかもしれません。ですが、今日はAustralia medical sheepskinのお話です。 実物はこんな感じです。 http://www.sheepskinstuff.com/Hi_Temp_Medical_Sheepskin_Rug_p/hi-temp…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週末シフトは当たり前?

以前勤めていた大学病院の同僚に引っ越し前に会いに行ってきました。やっぱり臨床の話を聞くと、「あーPTの仕事がしたいな」とより強く感じます。そこで話題になったことについて。 私が所属していたのは脳外科/神経内科でした。今までは月~金の通常業務に加えて、2月に一度ほど週末勤務がまわってくるというシステムでした。週末業務はICUと全病棟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オンタリオ州のPT免許を維持するために

こんにちは。引っ越し準備にてんやわんやの今日この頃です。 未だにPTとしては休業中で、次に行くケベック州でもしばらくは働けない状況ではありますがオンタリオ州のPT免許は維持しています。年会費を払えばあと数年は問題なく更新できそうです。ですが、ただ会費を払っていればいいだけではありません。今月初めにcollege of physio…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モントリオール

こんにちは。私の住んでいる地域もやっと暖かくなりました。今日はなんと27℃で暑いくらいです。 3月に夫の就職先がきまりました。モントリオールです。同じカナダ国内でもケベック州はフランス語圏になります。そして、PTとして働くにももちろんフランス語は必須です。ケベック州に登録は可能で、仮免許をもらうことはできるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カナダのPTが苦手なこと

カナダのPT教育は修士レベルで、PTとしてできる医療行為も日本よりもすすんでいます。ひとりひとりのPTも専門性が高く、知識も豊富だと感じます。が、一つだけ日本のPTの方が明らかに優れていて、多くのカナダのPTが苦手としていることを見つけてしまいました それは「床からの立ち上がりの指導」です。一応、転倒してしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訪問リハ/PTとOTの役割分担の違い

カナダの医療は基本的には無料です。例えば骨折して病院に入院してPTを受ける時は、無料で治療が受けられます。そして入院後も継続してPTが必要だと判断された場合、クリニックでの治療や訪問リハをある一定期間受けることができます。ずっと継続して受けられるわけではないのですが、個人で加入している保険でカバーされる場合や、自腹で払って継続する方もい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勤務形態

残念ながら、私の就職活動は停滞中です。でも、いくつか面接に行ったり、他の職場を見て初めて知ったこともあったのでちょっとまとめてみようと思います。 まずは、カナダのPTの勤務形態は大きく分けて3つあります。フルタイム、パートタイム、そしてカジュアルです。フルタイムとパートタイムは説明するまでも無いと思いますが、カジュアルというのは必…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PTアシスタントの扱い 2

PTアシスタントと聞くと、文字通りPTの手助けをすると思うかもしれませんが、実際は治療自体を任せることも多いです。たとえば、新規の患者さんの初期評価はPTがやりますが、そこで運動療法や物理療法が必要な場合は、PTアシスタントに指示して実施してもらいます。何か問題があったり、再評価が必要だとPTが対応します。その他、PTが一人では診られな…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more